西日本豪雨被災者支援2018(寄付受付中) 寄付する English

  • 22.倉敷市役所にて、支援団体や自治体が連携・調整するための情報共有会議 岡山 2018年7月17日 ©JPF 22.倉敷市役所にて、支援団体や自治体が連携・調整するための情報共有会議 岡山 2018年7月17日 ©JPF
  • 21.JPF助成により加盟NGOのPBVがサポートする倉敷市真備支所ボランティアセンターにおけるニーズ調査で、ボランティアや運営のための圧倒的な人員不足を確認 岡山 2018年7月17日 ©JPF 21.JPF助成により加盟NGOのPBVがサポートする倉敷市真備支所ボランティアセンターにおけるニーズ調査で、ボランティアや運営のための圧倒的な人員不足を確認 岡山 2018年7月17日 ©JPF
  • 20.USAID/OFDA(アメリカ国際開発庁/海外災害援助局)の被災状況視察にJPF緊急初動調査チームとPWJが同行(倉敷市の真備病院前にて)岡山 2018年7月16日 ©JPF 20.USAID/OFDA(アメリカ国際開発庁/海外災害援助局)の被災状況視察にJPF緊急初動調査チームとPWJが同行(倉敷市の真備病院前にて)岡山 2018年7月16日 ©JPF
  • 19. 倉敷市で避難所となっている薗小学校体育館で、加盟NGOの支援状況を確認する小美野JPF共同代表理事 岡山 2018年7月16日 ©JPF 19. 倉敷市で避難所となっている薗小学校体育館で、加盟NGOの支援状況を確認する小美野JPF共同代表理事 岡山 2018年7月16日 ©JPF
  • 18.倉敷市真備町道路際の瓦礫 岡山 2018年7月16日 ©JPF 18.倉敷市真備町道路際の瓦礫 岡山 2018年7月16日 ©JPF
  • 17.避難所となっている愛媛県の野村中学で子どもたちと話すJPFスタッフ。話の中からニーズを聞き取る。「支援してほしい」と子どもたちからの要請も。愛媛 2018年7月14日 ©JPF 17.避難所となっている愛媛県の野村中学で子どもたちと話すJPFスタッフ。話の中からニーズを聞き取る。「支援してほしい」と子どもたちからの要請も。愛媛 2018年7月14日 ©JPF
  • 16.避難所となっている愛媛県の野村中学で子どもたちと話すJPFスタッフ。話の中からニーズを聞き取る。「支援してほしい」と子どもたちからの要請も。愛媛 2018年7月14日 ©JPF 16.避難所となっている愛媛県の野村中学で子どもたちと話すJPFスタッフ。話の中からニーズを聞き取る。「支援してほしい」と子どもたちからの要請も。愛媛 2018年7月14日 ©JPF
  • 15.道の駅「清流の里ひじかわ」横の状況 愛媛 2018年7月14日 ©JPF 15.道の駅「清流の里ひじかわ」横の状況 愛媛 2018年7月14日 ©JPF
  • 14. 支援物資が集められている倉敷市総合運動公園の体育館でニーズの聞き取りをするJPF加盟NGO AARのスタッフ / 7月14日 ©AAR 14. 支援物資が集められている倉敷市総合運動公園の体育館でニーズの聞き取りをするJPF加盟NGO AARのスタッフ / 7月14日 ©AAR
  • 13. 宇和島市社協事務所を訪問するJPF緊急初動スタッフ / 7月10日 宇和島市 ©JPF 13. 宇和島市社協事務所を訪問するJPF緊急初動スタッフ / 7月10日 宇和島市 ©JPF
  • 12. 流された瓦礫の山 / 7月10日 宇和島市 ©JPF 12. 流された瓦礫の山 / 7月10日 宇和島市 ©JPF
  • 11. 土砂崩れの様子 / 7月10日 宇和島市 ©JPF 11. 土砂崩れの様子 / 7月10日 宇和島市 ©JPF
  • 10. 集められた支援物資/愛媛県 7月11日 ©JPF 10. 集められた支援物資/愛媛県 7月11日 ©JPF
  • 9. 豪雨により決壊した道路際のガレージ/大洲市 7月11日 ©JPF 9. 豪雨により決壊した道路際のガレージ/大洲市 7月11日 ©JPF
  • 8. 情報共有会議の様子/愛媛県7月11日 ©JPF 8. 情報共有会議の様子/愛媛県7月11日 ©JPF
  • 7. 支援物資を確認するJPF緊急支援チーム/愛媛7月10日 ©JPF 7. 支援物資を確認するJPF緊急支援チーム/愛媛 7月10日 ©JPF
  • 6. JPF初動調査チーム、各NPO、社協、行政との情報共有会議/愛媛7月9日 ©JPF 6. JPF初動調査チーム、各NPO、社協、行政との情報共有会議/愛媛 7月9日 ©JPF
  • 5. JPF初動調査チーム、現地の各支援団体や自治体と連携/愛媛7月9日 ©JPF 5. JPF初動調査チーム、現地の各支援団体や自治体と連携/愛媛 7月9日 ©JPF
  • 4. 道の駅に集められた支援物資/愛媛7月9日 ©JPF 4. 道の駅に集められた支援物資/愛媛 7月9日 ©JPF
  • 3. 流された生活物資/愛媛7月9日 ©JPF 3. 流された生活物資/愛媛 7月9日 ©JPF
  • 2. PWJによる調査の様子/広島7月8日 ©PWJ/A-PADジャパン/CF 2. PWJによる調査の様子/広島 7月8日 ©PWJ/A-PADジャパン/CF
  • 1. PWJによる調査の様子/広島7月8日 ©PWJ/A-PADジャパン/CF 1. PWJによる調査の様子/広島 7月8日 ©PWJ/A-PADジャパン/CF
  • 上から見た岡山県倉敷市真備町の様子 ©PWJ/A-PADジャパン/CF 上から見た岡山県倉敷市真備町の様子 ©PWJ/A-PADジャパン/CF
  • PWJによる調査の様子 ©PWJ/A-PADジャパン/CF PWJによる調査の様子 ©PWJ/A-PADジャパン/CF
2018年7月18日~21日
JPFスタッフ、7月8日に入った緊急初動調査チームに引き続き、継続的に第2陣、3陣が入り、特に愛媛県においてニーズ調査、情報共有、企業とのニーズマッチングなどの連携調整中。▶JPFスタッフの活動は、日々Facebookにて更新中
2018年7月17日
  • OFDAが来日、JPF緊急初動調査チームが現地を共同視察:岡山県真備町
    ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、加盟NGOのピースウィンズ・ジャパン(PWJ)と共に、西日本豪雨の被害状況の視察に訪れたアメリカのUSAID/OFDA(アメリカ国際開発庁/海外災害援助局)のシニア・アドバイザーに同行し、最も被害が深刻な地域の1つである岡山県倉敷市真備町を視察しました。▶続きはFacebook
  • JPF国内災害ワーキンググループ開催。各初動調査の結果とニーズを共有し、今後のJPF「西日本豪雨被災者支援」方針について調整。
2018年7月15日
皆さまからお寄せいただいた寄付より、加盟NGOピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の活動に対し助成を決定し、支援事業を開始いたしました。出動NGOのタブをご参照ください。
2018年7月14日
被害の甚大さと現地のニーズに鑑み、下記の通り対応期間と資金枠拡大を決定いたしました。

【事業予算】3000万円から、2億円に拡大(民間資金)

ご支援をお申し出くださった企業、団体、個人の皆さまに深く感謝申し上げますとともに、JPFとして、責任をもって、ご提供頂いたご寄付やサービスを必要としている方々のために適切かつ有効に活用してまいります。
支援いただいた企業様について
2018年7月9日~
  • JPF緊急初動調査チーム、引き続き愛媛県を中心にニーズ調査中。▶調査の様子は日々Facebook更新中
  • JPF助成により、加盟NGO PBV、AAR、SVA、PWJ、PARCICが、愛媛県、広島県、岡山県において緊急初動調査中(自己資金で9日以前に調査に入っているNGOも多い)。
2018年7月8日
7月5日からの西日本の広範囲における記録的な豪雨の深刻な被害に対し、被災地における支援開始を決定しました。あわせて、支援金の募集を開始しました。

プレスリリース発行(西日本各地の豪雨被害に対応し「西日本豪雨被災者支援2018」出動決定~緊急対応支援のためにJPF調査チームが現地入り。寄付募集開始~)
JPF緊急初動調査※1チームは、8日に現地入りし、現地状況を把握しニーズに応じた今後の対応のために調査中です。JPFは、各方面や、現地で調査中のJPF加盟NGOと連携しながら、ニーズに沿った緊急支援内容を迅速に実施していきます。
94人死亡、3人重体、56人不明※2、引き続き土砂災害の危険度が高い地域もあります※3。(今後の数値はこちらをご確認ください)
※2:NHK報道による(7月9日8時52分) ※3:消防庁災害対策本部 (7月9日6時30分)
2018年7月7日
各地で大雨特別警報。必要に応じて緊急対応を進められるよう情報収集中
各地で記録的な大雨が続く中、気象庁の最新情報(7月7日7時)では、福岡県、佐賀県、長崎県、広島県、岡山県、鳥取県、兵庫県及び京都府に大雨特別警報を発表しています。
土砂災害、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に最大級の警戒をし、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要とされる中、ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、情報収集をしながら、必要に応じて緊急対応を進められるよう態勢を整えています。

事業名・事業予算・事業期間は申請時のものです。助成時の情報は上記の事業一覧(pdf)をご覧ください。

特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン

事業名 広島県および岡山県における被災者生活支援
事業予算 19,974,306円
事業期間 2018年7月15日~2018年9月14日(62日間)

一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター

事業名 西日本豪雨水害での被災者支援初動調査
事業予算 2,928,669円
事業期間 2018年7月9日~2018年7月22日(14日間)

特定非営利活動法人 難民を助ける会

事業名 西日本豪雨被災者に対する緊急支援ニーズ調査
事業予算 2,853,806円
事業期間 2018年7月10日~2018年7月23日(14日間)

公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会

事業名 平成30年7月豪雨の被害の現状及びニーズ把握を目的とした初動調査事業
事業予算 1,550,860円(民間資金)
事業期間 2018年7月12日~2018年7月25日(14日間)

特定非営利活動法人パルシック

事業名 愛媛県における西日本豪雨被災者支援調査
事業予算 2,999,997円
事業期間 2018年7月16日~2018年7月29日(14日間)

また、プログラム開始前の緊急初動調査では、以下の2事業を実施中です。

特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン

事業名 西日本豪雨におけるニーズ調査、救助活動、医療活動及び物資配布支援事業
事業予算 2,999,728円
事業期間 2018年7月8日~2018年7月14日(7日間)

特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム

事業名 西日本における豪雨被害のための緊急初動調査
事業予算 899,440円
事業期間 2018年7月8日~2018年7月14日(7日間)
※21日まで延長決定

最新情報はJPF公式Facebookでも紹介しています。

活動地域

活動地域(PDF 436KB) 2018年7月15日時点

西日本豪雨被災者支援2018 活動地図

事業一覧

最新の事業内容・助成予算・助成期間をご覧いただけます。

事業一覧(PDF 182KB) 2018年7月15日時点

西日本豪雨被災者支援2018 事業一覧

●2018年7月9日(プレスリリース

ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、7月5日から西日本の広範囲における記録的な豪雨の深刻な被害に対し、被災地における支援開始を決定しました。あわせて、支援金の募集を開始しました。
皆さまのご支援をお待ちしております。

<概況>

  • JPF緊急初動調査※1チームは、本日8日に現地入りし、現地状況を把握しニーズに応じた今後の対応のために調査中です。JPFは、各方面や、現地で調査中のJPF加盟NGOと連携しながら、ニーズに沿った緊急支援内容を迅速に実施していきます。
  • 94人死亡、3人重体、56人不明※2、引き続き土砂災害の危険度が高い地域もあります※3
  • 今後の状況につきましては、本JPFウェブサイト、Facebookでご報告いたします。

※1:緊急初動調査の費用は、平時からの備え金である「一般寄付」から拠出しています。
今後起こりうる国内災害への備えのための資金にご賛同いただける方は、以下の方法でご支援ください。
※2:NHK報道による(7月9日8時52分) ※3:消防庁災害対策本部 (7月9日6時30分)

<更新情報>

●2018年7月22日

  • 避難者数 4,496人 (広島県 1,266人、岡山県 2,751人、愛媛県 402人、他9県 77人)※15

※15:NHKによる(7月21日15時09分時点)

●2018年7月21日

  • 避難者数 4,516人 (広島県 1,226人、岡山県 2,731人、愛媛県 461人、他13県 98人)※14

※14:NHKによる(7月20日18時50分時点)

●2018年7月20日

  • 死者217人(広島106人、岡山県61人、愛媛県26人、他9県計24人)、行方不明者(安否不明者)13人※13

※13:NHKによる(7月20日12時7分時点)

●2018年7月19日

  • 死者217人(広島105人、岡山県61人、愛媛県26人、他9県計24人)、行方不明者(安否不明者)14人※11

※11:NHKによる(7月19日18時50分時点)

●2018年7月19日

  • 避難者数 4,558人 (広島県 1,166人、岡山県 2,808人、愛媛県 471人、他13県 113人)※12

※12:NHKによる(7月19日18時21分時点)

●2018年7月18日

  • 死者数216名(広島県 106人、岡山県 61人、愛媛県 26人 他9県 合計23人)、行方不明者 15人※10

※10:NHKによる(7月18日14時13分)

●2018年7月17日

  • 死者数211名(広島県 101人、岡山県 61人、愛媛県 26人、他9県 合計23名)、行方不明者 20名※9

※9:NHKによる(7月16日21時33分)

●2018年7月16日

  • 死者数210名(広島県100人、岡山県61人、愛媛県26人、他9県 計23人)、安否不明者数22人※8

※8:NHKによる(7月15日19時37分)

  • 死者201人(広島92人、岡山県60人、愛媛県26人、他9県計23人)、心肺停止3人、行方不明者(安否不明者)30人 ※7

※7:NHKによる(7月14日18時54分時点)

●2018年7月14日

  • 死者197人(広島88人、岡山県60人、愛媛県26人、他9県計23人)、心肺停止6人、行方不明者(安否不明者)37人※6

※6:NHKによる(7月14日12時20分時点)

●2018年7月13日

  • 死者187人(広島81人、岡山県59人、愛媛県26人、他9県計21人)、心肺停止4人、行方不明者(安否不明者)67人※4
  • 避難者数5000人以上(岡山3588人、広島1147人、愛媛525人)※5

※4:NHKによる(7月12日22時58分時点)
※5:NHKによる(7月13日5時00分時点)

プログラム概要

期間 3ヵ月間(初動対応)
予算 2億円(民間資金)
※被害の甚大さと現地のニーズに鑑み、資金枠の拡大を決定いたしました。(下記、更新情報2018年7月14日参照)
場所 被災地(近畿、中国、四国、九州など)

※プログラム期間・予算は、現地の状況に応じて適宜見直しを行います。

西日本豪雨被災者支援2018 寄付・支援方法

寄付金受付期間:2018年7月9日~10月8日(状況に応じて事業期間拡大検討の可能性があります)

 クレジットカードで寄付

金額 1,000円× 口、 5,000円× 口、 10,000円×
その他
合計 1,000
注意事項
  • ※セキュリティ確保のためブラウザは最新のものをご利用ください。最新のものでない場合、決済画面が表示されない可能性があります。
  • 1,000円以上からでお願いいたします。
  • 特定商取引法に基づく表記
  • ※複数プログラムにお申し込みの場合は、お手数ですが1つのプログラムの決済を終了後、2つ目のプログラムの決済手続きを改めて最初から行ってください。
  • ※税制上の優遇処置が受けられます。
    認定NPO法人の寄付金控除 領収書の発行

オンラインで寄付PayPalで寄付

ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

オンライン寄付についてはPayPalをご利用いただきます(利用上限金額につきましてはPayPalアカウントをご確認ください)。PayPalに登録がない方も、クレジットカードを利用してPayPalからご寄付可能です。

銀行振込銀行振込で寄付

銀行名
三菱UFJ銀行
支店名
本店
口座種類
普通
口座番号
0212719
口座名義
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
フリガナ
トクヒ)ジヤパンプラツトフオーム
  • ※三菱UFJ銀行様のご厚意により、三菱UFJ銀行本支店・ATMからの振込手数料は無料です。

郵便振替郵便振替で寄付

銀行名
ゆうちょ銀行
記号と番号
00120-8-140888
口座名義
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
フリガナ
トクヒ)ジャパンプラットフォーム
※通信欄に「西日本豪雨」とお書き添えください。
  • ※恐れ入りますが、振込手数料をご負担ください。
  • ※税制上の優遇措置が受けられます。 寄付金控除 領収書の発行
  • ※ご寄付を下さった方は応諾書にてご連絡いただければ幸いです。 応諾書フォーム
  • ※領収書の発行をされた方は応諾書は不要です。
  • ※企業・団体からの寄付の10%、個人からの寄付の15%を事務管理費として活用し、残りの全額はNGOの被災者支援事業への助成金(事業費・一般管理費)にあてられます。
  • ※ご寄付は今回の西日本豪雨被災者支援のために活用させていただきます。ただし、全ての支援事業への助成終了後に残金が出た場合には、次の緊急支援のために活用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

寄付サイトを通じて寄付寄付サイトを通じて寄付

  • Yahoo!ネット募金(Tポイントを使って1ポイントからご寄付いただけます)
  • オンライン寄付サイト Give One

※お申込みいただいたご寄付は、各サイトを通じてJPFへ寄付されます。詳細な手続きや規定は各サイトをご参照ください。

一般寄付

ゆうちょ口座から寄付する

銀行名
ゆうちょ銀行
記号と番号
00100-7-757910
口座名義
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
フリガナ
トクヒ)ジヤパンプラツトフオーム
  • ※通信欄に「一般寄付」とお書き添えください。
  • ※恐れ入りますが、振込手数料をご負担ください。

マンスリーサポーターとして支援する

お支払い方法は、クレジットカードまたは銀行・郵便口座の口座振替が選べます。
http://www.japanplatform.org/monthly/